釣り遠征:田代島

田代島で釣りを楽しむ

宮城県石巻市に属する三陸海岸の南端に位置する牡鹿半島の先端俯瞰に浮かぶ島が田代島です。
周囲が約12キロメートル、人口が100人ほどというとても小さな島です。
しかし、この島は多くの釣り人が釣りをしたいとあこがれる魅力をたくさん持っています。

もともとは仙台や石巻といった地元や近県の人にしか知られていない場所でした。
しかし、ここ10年ほど口コミやいろいろなところで紹介されたことで知られるようになり全国的に人が集まるようになっています。
海で楽しむアーフィッシングが盛んになってきたことも人気の理由の一つです。

田代島ではアイナメ、ベッコウゾイ、クロソイ、メバル、クロダイといた岸近くの岩場に生息しているロックフィッシュといわれる根魚が多くいます。
どれもルアーによく反応するものであり、特に大型のアイナメやソイは人気です。
これらの魚はおいしいですし、力が強いので釣りごたえもあります。

風評被害

少しずつ釣りを楽しむ人が増えてきていた田代島ですが、やはり東日本大震災の影響でお一気に観光客は減少してしまいました。
風評被害はもちろんですが、釣りでの旅行をするのは不謹慎という風潮もあったためです。

しかし、島も順調に受け入れ態勢を整えてきたこともあるので、最近ではどんどんと釣り人が訪れるようになっています。
そこで、訪れることをためらっている人はぜひ復興支援も兼ねて周辺地域も合わせて訪れて観光と釣りとを楽しみましょう。

初心者でも楽しめる配慮

田代島で釣ることのできる魚はかなり大きく本格的な釣り具も必要です。
ヘビーウェイトのシンカーで遠投し、重りがそこに着いたら誘いながらリールを巻き、アタリが出れば一気に巻き上げるという豪快な釣りは楽しめる反面初心者には不安もあります。

しかし、釣りにあまり慣れていない初心者でも取り組みやすいように扱いが簡単なスピニングリールを利用すれば十分に楽しめます。
海まで出なくても堤防でメバルやドンコといった魚を狙っても十分楽しめますから初心者でも不安がらずできる部分の魚を釣ることから始めてみましょう。

海外からの釣り人も増加中

田代島は猫の楽園としても知られており、国内だけでなく外国のメディアでも多く注目されています。
そのため田代島に向かう船の中には外国人の姿も多いです。

田代島に猫が多くいるのはもともと養蚕が盛んだったことが理由です。
養蚕をしているころに天敵であるネズミの対策として飼われるようになり猫が増えていきました。
地場産業が養蚕から漁業に変わってからも漁師が猫をかわいがっておりそのために多くの猫がいます。

まだまだ東日本大震災の被害が残っている部分もあり、魚釣りだけでなく猫に会うために訪れるという人も多いです。
2014年からの取り組みとして愛猫者に寄金を募り、協力者に対してカキの発想も始められるようになっています。