海の近くへ引っ越したいな。

癒しの暮らし

漠然と「海の近くに引っ越したい」と思っています。
都会で暮らしていると、心が疲れてしまって、海をぼーっと眺めて暮らしたいと思うことはありませんか。

都会のコンクリートで固められた町や、冷めきった人間関係、忙しい仕事などなど。
そういったことに嫌気がさしてしまうのは、当たり前のことかもしれません。

結構海の近くに引っ越したいと考えている人も多くて、直ぐに行動に移す人とかもいるようです。

そして、そういった人の多くが、引っ越して後悔はしていないようでした。
ネットとかでも移住の体験談や引越しの体験談を聞きますが、どれも大変だけれど楽しそうなものばかりでした。

特に海が近くの町って魅力的ですよね。
夏はいつでも海に行くことができるし、日帰りで海に行くことだって簡単です。

何より例えば仕事の後に「これから海にでも行くか」ってできるのが凄く魅力的だなと思います。
あぁ、どこでも良いとは言わないけれど、海の近くへ引っ越したいなぁ。

心配なのは仕事

引っ越すとはいっても、やっぱり一番心配なのは仕事なんですよね。

都会であれば、仕事なんて探せばいくらでもあると思いますが、地方の海の近くの町となると、仕事も限られてくるのかなと思います。

海の近くで暮らすなら、ゆったりとした時間が流れているところが良いので、そんなに発展していない海の町が良いなぁとも思いますからね。

例えば神戸とかだったらすごく発展しているから、海の近くとはいっても癒されそうな町というイメージはありません。

個人的には長崎とかが一番良いかなぁとも思ったりします。長崎の街
異国情緒溢れる街であり、なおかつ古き良き日本の文化も残っている町という気がします。
そこまで田舎じゃなくて、ある程度都会が広がっているというのも良いかもしれません。

そうやって考えてみると、都会の海の町でも、少し離れれば良いのかなとも思えますね。
色々と引っ越したい町が増えてきました(笑)

それでも、仕事が見つからないと生活できないと思うので、その点はリアル思考せざるを得ませんよね。

海外の海が見える街

海が見える街に引っ越したいと思った時、私の頭をよぎったのは海外の町でした。
クラスなら絶対日本が良いですが、ちょっと海外の海辺の町で暮らしてみたいという気もあります。

例えばハワイとかだったら日本語も普通に通じると聞くので、海の見える街としては最高ですよね。
それに南国の地だと、常にゆったりとした空気が流れていて、それはもう幸せだと思います。

自分の人生を考えてみた時、生きる場所というのは重要な選択だと思います。
もう少し吟味して、良い町があれば、真剣に考えてみようかなと思ったりしています。